固相率分布の結果で右上に表記されているfs=0.0、0.0<fs<fs crit、fs crit<fs<1.0、fs=1.0の意味(見方)を教えて下さい。

ADSTEFANのポストプロセッサの指標に表示されているfs critとはパラメータ画面にて設定した流動限界固相率となります。

従って、下記のような関係となっております。

fs=0.0

完全に液体の状態(固相率0%)(湯の温度が液相線温度以上の状態)

0.0<fs<fs crit

液体部から流動限界固相率の間にある状態(固相率0%より大きく、流動限界固相率より小さい)

fs crit<fs<1.0

流動限界固相率から固体になる状態(流動限界固相率より大きく、固相率100%より小さい)

fs=1.0

完全に固体の状態(固相率100%)(温度が固相線温度以下になった状態)

コメント

タイトルとURLをコピーしました