湯境欠陥の評価方法について教えて下さい。

湯境欠陥を直接予測する解析結果はありませんので、通常は「溶湯温度」や「空気接触時間」や「ゲート別色分け表示」から評価します。

  1. 溶湯温度
    溶湯衝突部かつ温度低下が大きい部分に湯境いが発生し易いと考えます。
  2. 空気接触時間
    接触時間が大きいほど湯先の表面酸化が大きいと考え、この値が大きい部分、さらに衝突部ほど湯境いが発生し易いと考えます。
  3. ゲート別色分け表示
    堰が複数ある場合に各堰から流入する溶湯を色分け表示する解析結果です。各堰から流入した溶湯の境目が分かりますので湯境い欠陥の予測に有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました