ポストプロセッサにおいて、固相率結果のスケーリングでレンジは「0-1]で固定になっており変更できませんが、固相率分布として、レンジ幅を変更できませんか?

現状、固相率分布(.solid3d)は、ソルバ出力の時点で、FS値0~1の間を流動限界固相率との関係を基に4段階のインデックス化がなされています。

(STEFAN時代の名残で、一般的にこの可視化方法が評価しやすいとの理由と伺っております)

よって、スケーリングの変更ができない仕様となっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました