熱応力解析結果で、結果の非対称性の要因について

形状も温度分布も完全に対称であれば変形量も対称になるべきですが、収束計算の打ち切り条件、数値計算精度などの影響で、どうしても誤差が生じてしまうのが実状です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました